貼暦に大きな反響をいただき本当にありがとうございます!
そして充分な数をご用意できず申し訳ございませんでした。

熱いご要望にお応えして
本日予約販売を始めますので詳細をお伝えいたします。

shop icco nicoウェブショップの初回ご注文の確定メールをやっとすべて送れたタイミングに、1月末入荷予定の予約販売を始めます。初回分の商品の実際の出荷はお申込順にやっと始めることができました。

本日10日朝10時頃より予約販売をスタートします。

縦、横ともおひとりさま5個までペンセットなど貼暦に関するセットは3個まで限定販売となります。
前回は縦が早く売切れましたので縦を多めにご用意しています。

d0097688_9322599.jpg


なお今回の予約販売の確定メールは、初回出荷を優先していますので、ご注文から一週間後になる可能性がありますが、ご注文をお受けした分は商品数は確保しますのでご安心してお待ちください。

新しい全国のお取り扱い店や
以前からお取り扱いいただいているお店についても近々ご紹介いたします。
お店にリクエストやお買い上げ本当にありがとうございました!

現在のお取り扱い店はこちらです。
(貼暦に関してはほぼ無い状況です)

最新情報はツイッターのID icconicoで発信しております。
今後ともicco nicoをよろしくお願いいたします。

icco nico 坂本
[PR]
d0097688_19183449.jpg


12月5日からicco nicoより発売開始します
新商品「貼暦(ハルコヨミ)」の詳細をお伝えします。

これは日付の数字と曜日の漢字の2本セットのマステで
商品名は「貼暦(ハルコヨミ)」と言います。
もちろん横に日付と曜日が並ぶセットもご用意しています。
それぞれのセットが定価680円(税別)となっております。

3mmの字に3mmのスペースですので
3mm方眼
の測量野帳やジブン手帳IDEAや、
キャンパスノートなら6mmのB罫にぴったりです。

この商品の原案については自分の中に潜在的にずっと前から存在していて、
口に出して言ってみると同時に同じことを考えていた方が知っているだけで4人いて、私が作らせてもらうことになりました。

商品化に当たっても友人のデザイナーさんはじめ、キリトリチーム、
友人、知人、またお店のバイヤーさんといつも以上に周りに相談しました。

暦の字も数字、曜日ともたくさんの種類を出していただき
その中からベストのものを選びました。
今回のラベルも友人のデザイナーさんが作ってくれました。

私は一人文具メーカーですがひとりだけでは何もできません。
多くの人の協力をいただき商品が出来上がります。

また製造は私が最初からずっとお願いしている
カモ井加工紙株式会社さんで作っていただきました。
この変わらぬ和紙テープの上質さ、気に入っています。

よくいただくご質問なんですが一体何か月使えるのか??

改めて計算してみました。
一か月分を貼ると1から31まで18.5センチです。
そしてこのマステの全長は10m=1000cmです。
1000÷18.5=約54
54÷12=4.5で4年半分です。

初めは必ずしも1から始まっていないようです。
さすがに工場にそこまでは要求できません042.gif
そして貼り間違って捨てたりするロスを考えたとしても
たっぷり4年分あることになります。

日祝の日付(祝は曜日も)を◯で囲みたい赤ペンは画像にもあるPILOTさんのマルチボール細字が私のいまの一番のオススメです。
また年と月はシャイニーの6桁の数字のインク内蔵のものを使いました。
このセットも販売します。

さあがんばってラベルの続きを貼ります。
どうぞよろしくお願い致します 016.gif 016.gif 016.gif
[PR]
引き続き関心空間です。

タイトルの私の関心空間で最もアクセスのあった記事がこれです。
d0097688_183752100.png


11月からの関空閉鎖後は
こちらのサイトでしばらくは見ることができそうです。

要はモレスキン5mm方眼を自分で線や数字を書き込んで手帳にしていたんです。
KW名も「モレスキンを手帳に」
この時はまだモレスキンの手帳版はまだ出ていませんでした。

私は未だに手帳ジプシーですが笑
このキーワードを書いた時のコメント欄がまた充実していました。
その頃から潜在的に欲しかった商品、そんな商品を今年の終わり頃発売できそうです。

乞うご期待です。
その商品についてはまた後ほど書かせていただきますね。
[PR]
d0097688_1836984.png









これが現在の私の関心空間です。
カウントダウンが始まっていますが10月末までは見ることができます。
2002/12/06登録となっています。
14年前ですね。

当時は子育てまっただ中の主婦でした。
アルバイトもしていたと思いますが
一番好きなのはなにかを作ることでした。
そして知的好奇心を刺激されるこの場所が好きでした。

ここには文学や音楽や芸術やデザインに長けた方がたくさんいて
いろんなことを教えてもらいました。
インターネットの楽しさを知ったのもここでした。
カウントダウンとともに久々のブログを更新してみます。

最後なので
関心空間のユーザーしか分からない裏の部分(マイページ)を大公開。笑
自分が登録したキーワードのアクセス数やブックマークされた数や、
自分の空間がお気に入り登録されている数も見ることができました。
これが表から見るだけでは分からない関空の醍醐味でした。

d0097688_18532066.png


ちなみにこの画像はアクセス数の多い順番に並べてみたものです。
ひとつのキーワードに7万アクセスはなかなか励みになりますよね。

続きはまた明日にでも書いてみますね。
[PR]
d0097688_154455100.jpg
icco nicoを今後ともよろしくお願いいたします◎

こちらです☞icco nico

また最新情報はicco nico FBページで更新しております。

どうぞよろしくお願いいたします。

icco nico 坂本
[PR]
d0097688_13385449.jpg
もう一週間も前のことになりますが、K3主催の女性リトルメーカーナイトで東京駅前キッテの中のマルノウチリーディングスタイルさんのカフェで女性4人+男性MCでお話しさせていただきました。

たくさんの方に参加していただき本当に楽しい2時間を過ごすことができました。

紀さんは何度かお会いしたことがあるものの
松田さんは前日初対面
横村さんは当日打ち合わせで初対面という中の本番。
(MCの荒川さんは関西の方でK3催事イベントでお世話になっているので一番なじみがある感じでした。)

それでも商品はどの方の商品ももともと気になっていてお店やウェブで見たり実際に購入して持っていたりという繋がりは一方的に?ありました。当日はほんとに楽しませていただきました。みなさんほんとに面白い!!そして正直者!(私が言うのもなんですが…)前日はハイモジモジさんご夫妻にお会いし、当日の次の日はプチ打ち上げで紀さん、横村さんとお会いすることもできて自分自身今回の東京出張を深めることができました。

この三日間は女性について起業について事業を継続して行くことについて考えるよい機会になりました。聴いてくださった方にもなにかをお伝えすることができていたら嬉しいです。

この場を借りてこんな機会を与えていただいた企画運営のK3の三人、山本さん、阿部さん、荒川さん、と今回販売でお世話になったネクストスイッチの寺西さんに感謝します。会場をお貸しいただいたマルノウチリーディングスタイルさん、聴いていただいたみなさん本当にありがとうございました。
[PR]
本日のルーミーにキリトリマステの紹介記事を載せていただきました♡

パンチが効いてるすてきなテキストにこちらまでワクワクさせていただきました。
そんな今日はこのキリトリマステをきっかけに開業届を出して丸2年目の日でした。
改めて@kiri_toriメンバーに感謝。

少しずつまたがんばって行きます。
そのひとつが兼ねてから要望があったJANコードを設置中です。
このタイミングに裏ラベルをリニューアルします。

とは言ってもこちらもいっぺんに変えることはできず、まずは催事に出す商品からです。
基本一人で、たくさんの方に助けられ少しずつ進んで行く
2年目のicco nicoをどうぞよろしくお願いいたします006.gif
[PR]
先日、次女とその友人たちと4人で観てきました001.gif060.gif071.gif


元々音楽は大好きで、このブログでもまだ自分のオリジナル商品が少なかった頃、好きな音楽を紹介していました。このライブのラストにこの曲が流れた時は感激しました。
バックにこのPVが流れて。

なんだか自分の頭にある理想の仕事場、という感覚を見せられたような気がしました。普段は一人メーカーなので一人で仕事しているんですが私の頭の中はまさにこんな感じなんです。

あとで本人が語っているのを聞いたんですが、音楽を作る工場をイメージしているとのことでした。そうそう、カモ井さんの工場見学!あの時のイメージにも似てるんですよね。
歌もいいし、そして何と言っても大知くんの歌とダンスの上手さ!
これこそセンスがいいということなんでしょうね。



こちらもあとから知りました。
どこかで見たことがある、、とずーっと思ってたんですが
ポンキッキーズで出てたフォルダーのボーカルだったんですね。
私と同世代の方だとお子さんと一緒に見られていたのでは?

ってことでこれからもずっとファンでいる気がしています。よ。
[PR]